20年目の答え

さかのぼること約20年前。

友人のダンナがこんな疑問を吐いた。

「自分のやりたくない仕事をしていて、何の意味があるのかな」

当時の私は間髪入れず答えた。

「あるでしょうよ。己の妻子を養うという意味がよ!!」

 

その友人のダンナというのは今思い返してもろくでもない男で、離婚間もない友人を追っかけて家に転がり込み(嫁ぎ先の土地で知り合ったらしい)、ろくに仕事もせずに子どもだけ作ってしまう、絵に書いたような穀潰しだった。

 

馬鹿じゃないのか、こいつ。

心の底から腹が立った。

どの仕事も「自分には向いてない気がする」とかふざけた理由ですぐに辞めてきて、その度に家でふて寝。

その傍らには身重の妻とその連れ子がいるというのに。

ひとつ屋根の下には幼子を連れ腹に新たな子まで宿してしまった情けない娘と、情けない娘にくっついてきた情けない男を情けない思いで養う高齢父親もいるというのに。

お父さんはどれほど情けない思いでその光景を眺めていたことだろう。

親でない私でも、情けなさでいっぱいだった。

 

仕事を辞めてきたと聞く度に友人宅を訪ね「そんなソッコー仕事辞めてきてどうすんのよ」「いい加減ちゃんと定職に就いて皆を安心させなさいよ」と小言をいい続けてきたのだけれど、その度に奴は「なんかパッとしなくて」「俺のやるべき仕事って感じがしなくて」と一丁前の言い訳を繰り返してきた。

 

数えるのも馬鹿馬鹿しくなるほど多くの仕事を経て、とうとう「やりたくない仕事をする意味があるのか」とどこぞの哲学者のようなセリフが飛び出したのだ。

「お前みたいな穀潰し、生命保険の手続きしてやるからすぐに飛び降りな‼その方がよっぽど妻子のためだろうよ!」

ぶち切れた私は友人宅の窓を開けてそう叫んだ。ちなみに友人宅は5階建てマンションの最上階。

友人たちが止めなければ奴の胸ぐらをひっつかんで放り投げる勢いだった。よかったー止めてもらえて。こんな下らない男のために人生棒に振るところだったわ。

 

 それから20年。

「やりたいと思えない仕事をして何の意味があるのか」

まさか自分がそんな疑問を持つなんて。

 

今の仕事は、面接に落ちまくる私を心配してくれた知人が紹介してくれた工場で、キツイ汚い給料安いの3Kの代表格のような仕事。

子どもの学校行事や病欠には理解を示してくれるありがたい職場ではあるが、はっきり言って、好きな仕事ではない。

 

しんどいなぁ…と思う度に、その疑問が頭をよぎる。

そして、自虐的に笑う。

答えは20年も前に出してんじゃん、自分で。

 

今になって、あの頃の奴の気持ちを少しは理解できる。

でもやっぱり、私はあの時と同じ答え。

 

どんなに嫌な仕事でも、己の家庭を守るために頑張るのだ。

 やりたい、やりたくない、なんていうのは二の次で、目の前の仕事を必死にやる。

 

ただ、それだけ。

 

明日も頑張ろう。

 

 

ストレス解消法、模索中

週末から、ゴールデンウィークですね。

私にゃあ関係ありませんが。

 

いや、関係はあるか。

仕事が忙しくなります。

 

だからなのはわかってるんだけど。

連休中、子どもたちを遊びに連れていきたいから、一日でいいから休みをくださいとお願いしたら、

 

「ふざけないで?」

 

と笑顔で言われました…納得いかねぇ。

 

「忙しいのわかってるでしょう?あなた何年目よ」

 

3年目ですよ、わかってますよ。

わかってるからこそ、一日でいいからって平身低頭にお願いしてるんですよ。

 

新人にはちゃっかり休みやってるくせにー!きいーっ。

 

仕事の指示かのような物言いしといて「冗談も通じないのか」なんてバカにすんじゃねーてめーの冗談のレベルが低すぎてわかんねーんだよ。

 

はぁ。やさぐれてしまいました。

 

腹立ちまぎれ(ではない。必要があったから)に買い物に行きました。

買い物ついでに100均で趣味のDIYパーツを買いました。

漁るほどは買ってません、品揃えがイマイチだっから。

イマイチじゃなかったら漁ってたでしょうな。

危ない危ない。

 

ストレス解消を買い物に求めるのは非常に危険ですな。

他の方法を考えねば。

 

運動はしません、うんち、運動音痴だから。

料理もいやです、毎日やってんだからストレス解消になんかなりゃしない。

掃除…する先から汚されて、かえってストレスたまります。

 

あとは…ハンドメイドですかね。

編み物、縫い物、アクセサリーづくり…ありとあらゆるハンドメイドが好きで、クローゼットは資材やらキットやらでいっぱいです。

 

あっっ!!

クローゼットの在庫整理がてら、作りゃいいんだ!!

ナイスアイデア!!

作ってストレス解消、さらにクローゼットも片付いて一石二鳥!!

 

というわけで、これからのストレス解消はハンドメイドに勤しみます。

 

パーツが足らんやらなんやら言って買わないように気をつけねば。

買い漁って余計にストレスを溜めてしまうような気がしなくもない。

というか、やってしまいそう…

 

他の方法を考えよう。

いい方法をご存知のかた、ぜひご一報を。

家計簿のつけ方を考える

お給料日明けの26日。

まだ少し気が大きくなってます。いけないいけない。

 

トライしては挫折を繰り返している、家計簿。

今年に入ってからは続いてました。

f:id:sniffsniff:20170426161919j:image

セリアのほぼ日手帳風ノートに、毎日1ページずつ書いてました。

買ったお店、品物、金額を一つ一つ。

まーこれがめんどくさい。

休日なんかだと、どうしても食材のまとめ買いとかで品数が多くなって書くのも大変。

それでもコツコツ続けたわけです。

 

ももう限界。

ほんっっとめんどくさい。

一つ一つ書き記したところで見ないし(家計簿つける意味ナシ)。

 

で、考えたわけです。

一つ一つ書き記したところで見ないなら、一つ一つ書き記すのをやめてしまおう。

食材は食材、日用品は日用品、という風に品目ごとに合計金額を書くようにしたら、まだ楽なんじゃない?

でもって、品目ごとに分けたものを一つ一つ精査して、どれくらいの無駄使いがあったかを振り返れるようにすれば、家計簿をつける意味も出てくるんじゃない?

 

で、こうしてみたわけです。

f:id:sniffsniff:20170426163112j:image

画像見にくいか?

5色マーカーを使ってそれぞれ食費、日用品費、子ども費、おとな費、その他にカテゴリー分けをして、さらにそれを

○…買ってよかった/必要な買い物

△…ビミョー/不要だったかも?

×…無駄使い/不要

と評価。それぞれの合計金額を最終的に家計簿に書いていきます。

 

こうすれば一つ一つ書く面倒から解放されるし、どれだけの無駄使いがあったかも一目瞭然。

改良の余地があるかもですが、しばらくはこれでやってみよう。

 

ちなみに画像にあるマーカーペンはダイソーで買いました。

あれ、こっから既に無駄使いか?

いやいや。

家計簿を上手につけるためには必要だから。

 

どーしてそんなに増えたのか?

先の日記でダンナの借金については触れましたが、結婚後の借金については触れませんでした。

現在の借金のメインは結婚後のものなので、改めてここに記していこうと思います。

 

まず最初。車のローン。

借金だらけのくせに車なんか乗ってんじゃねーよと突っ込みたくもなりますが、地方生活には車が不可欠。

特に私が転々と移り住んできたところは、今もですが車がないとどこにも行けません。仕事にすら行けません。

結婚直後はダンナが結婚前から乗っていた車があったのですが、ある日突然エンジンがいかれてしまい、新車を購入することに。

当然のことながら頭金なんてあるわけないので、その分返済総額も増えます。

 

その次が義理の親の手術費用。

義理の親は私たちが結婚する数年前に自己破産し、破産後は同居家族の名義で借金を重ねたというある種のツワモノ。

なので同居家族に費用を出してくれとは言えず、私たちに頼み込んできたのです。

とはいえ私たちも親の借金を肩代わりしている身、いきなり言われたってあるわけありません。

かといって断るわけにもいかず、クレジットカードのキャッシングで捻出。

 

まだまだ続きます。ダンナの親のみならず私の親まで病床に伏してしまいます。

今回は入院費用は自力で捻出してくれましたが、退院後の生活費等々を援助せねばならず、毎月カツカツのところにさらにのしかかりました。

 

おまけに友人からもお金を無心されます…いや、無心というかもはや神頼み状態。

シングルマザーとして働きながら子育てを頑張ってきた友人でしたが、病気でしばらく働くことができず、生活保護を申請するも偶然荷物を取りに来ていた元ダンナを役所の人間に目撃されてしまい、「同居家族に働き手がいる」と申請を却下されてしまったのです。

友人は釈明も再申請もする気力も失ってしまい、当面の生活費を助けて欲しいと泣きついてきたのです。

私たちも本当に本当に苦しい。けれど、頼れる親も親戚もいない、このままでは親子で心中しかねない状態の友人を放っておくわけにもいきません。 

得策でないのは承知で、カードローンでお金を借りて、友人に渡しました。

もちろん、そのお金が返ってくる保証はどこにもありません。

またまた借金が増えました。

 

さらには転勤に伴う引っ越し費用、子どもの入院、数年間の闘病を経て他界してしまった義理の親の香典や葬儀参列に伴う費用(遠方だったため交通費と喪服が家族4人分…かなり大きな出費 泣)と、数え上げればキリがありません。

 

借金残高が少し減ってはどーんと増え、の繰り返し。

現在はカードローンとクレジットカード合わせて200万ほどの借金があります。

細かい金額なぞ、数えたくもありません。

 

さて次回は毎月の収入と支出をざっくりと書いていきましょうか。

我ながらバランスの悪い収支で笑ってしまいます。

いや、ほんとは笑ってる場合じゃないんでしょうが、笑うしかありません。

 

そして笑ってもらえたら本望です。

いや、そんな本望ではいけませんね。

でもいいや。

なんのこっちゃ。

できそこない主婦の25日

今日は25日。

世間様はだいたいお給料日ですね。

うちもです。

正確には私だけです。

ダンナは月末なのでもう少し先。

 

25日に私がすること。

まず私のお給料の確認。

それから引き落とし口座の残高確認、これ重要。

 

26日に家賃やら保険やらの引き落としがあるので、ちゃんと引き落としができるだけの額が残ってるかどうか確認せねばならんのです。

借金だらけのくせに保険なんか入ってんじゃねーよと突っ込まれそうですが、学資保険です…子どもたちに罪はないのでね。

親の経済によって大学の費用を(奨学金という名の)借金して後々苦労するとか、はたまた進学を断念するとか(私はこのパターン)してほしくないので。

 

で、確認すると、だいたい毎月足りないわけです。

で、足りない分を私のお給料からプールして振り込み、ほっと一安心。

 

ほっと一安心するあまり、うっかり要らぬ買い物をしてしまうのも25日。

お給料が入ってついつい気が大きくなっちゃって、ついつい夕食の食材を奮発しちゃったり、ついつい前から気になってた本を買っちゃったり…

今日だけ今日だけ、明日からは節約生活だーと繰り返す毎日。(毎日か。キリギリスもびっくり)

だから毎月カツカツどころかマイナスなんだよ‼と自分で自分に喝を入れ、今月こそはと毎月気合いを入れるのですが毎月気合いは空回り。あ~あ。

 

ちなみに今日は家になにもないからとお昼ごはんに某ハンバーガー屋でセットを食べ(注文時に金額を勘違いし、支払いにもたついた。今時セットが350円なわけないだろうよ私)、前から気になってた本を見つけて(というか本屋はしごして探して)購入しました。

 

今日だけ今日だけ、明日からは節約生活だー。(まったく気合いを感じられない?気のせい気のせい)

はじめに

どういうわけか、生まれてこの方、借金がないという状況になったことがありません。

 

子どもの頃は両親がどこかしらからお金を借りていて、返済が滞って督促の電話を子どもの私が受ける、なんてこともしばしばありました。

高校生の頃からアルバイトを始めて、家にバイト代を貯めた通帳を印鑑と一緒に置いておいたら、知らぬ間に親の借金返済に充てられていたこともあります。

「親の借金によって苦労させられる」と嘆いたこともありますが、当時仲のよかった友人が「小学生の頃に夜逃げを経験した」と事も無げに語ったのを見て、夜逃げの経験がないだけまだマシなのかな、と思うようになりました。

 

20代半ばに結婚しましたが、ダンナも借金持ちで、結局ゼロどころかマイナスから結婚生活をスタートさせました。

ダンナの借金は大学の奨学金返済と親の自己破産後に残った親戚への借金返済(金融機関からの負債は自己破産で消えても、親戚などから個人的に借り入れたものは消えないらしい)、ギャンブル狂いによるものではないのが救いでした。

 

ダンナの借金を返済している最中も、どういうわけか次から次へとまとまったお金が必要になることがあり、減るどころか増える一方。

ダンナの結婚前の借金は完済しましたが、今度は結婚後にできた借金の返済に追われる日々。

 

なんだか私、一生借金と背中合わせに生きていくんじゃなかろうか…と滅入りもします。

でも滅入ったところで借金が減るわけでもなし、ここはひとつ、借金生活を面白がって乗りきっていこうじゃないか!と思い立ち、このブログを始めた次第です。

 

このブログは、やりくり下手で自分で自分の首を絞めながらも、それを反省どころか面白がってしまおうと孤軍奮闘するおバカな主婦の日記です。

上を見ても下を見ても、キリがありません。

「こんなバカな人もいるんだなー」くらいに面白がっていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。